【大阪】北村由美子被告・19歳長男虐待餓死事件(2006/10/12)

d0120774_21121940.jpg

■裁判の概要
大阪府阪南市の自宅で04年、同居の男と一緒に当時19歳だった無職の長男を虐待し餓死させたとして殺人罪に問われた母親の北村由美子被告(50)に対し、大阪地裁堺支部は12日、懲役12年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。
判決理由で細井正弘裁判長は「実の母親の行動としてはおよそ考え難いほどに無慈悲で非道な犯行」と指摘した。弁護側は「被告は同居の男に恐怖で支配され歯向かえなかった。殺意も長男が死ぬという認識もなかった」と主張していた。判決は「男の虐待癖を知りつつ同居させ、虐待に反対もしなかった。治療が必要と認識した後も暗黙のうちに共謀して放置し、死亡させた」と殺意と共謀の成立を認めた。

d0120774_21123443.jpg

判決によると、北村被告と同居していた無職中村智被告(44・分離公判中)が04年4月下旬から7月中旬にかけ、一緒に暮らしていた長男昇平さんに、しつけと称して殴るけるの暴行を繰り返し、数日に1度しか食事を与えず虐待。北村被告は衰弱した昇平さんがそのままでは死亡することを知りながら、虐待の発覚を恐れ、中村被告と共謀の上、放置して8月2日に餓死させた。
中村被告は昨年2月の初公判で「やってない」と起訴事実を否認。中村被告は、別の男性への保護責任者遺棄致死などの罪でも起訴されている。

d0120774_2113127.jpg

[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-10-12 21:15 | 法廷画紹介  

【大阪】大沢八起被告・母親バラバラ殺人事件。(2006/10/5)

d0120774_2115991.jpg

■事件の概要
母親の遺体を切断し、セメントで固めて自宅の庭に捨てたとして逮捕された大阪府河内長野市の無職・大沢八起容疑者(37)が、府警捜査1課の調べに「階段から落ちて動けなくなった母の頭を、庭の石で殴って殺した」と殺害も自供、遺体を切断した上、「ホットプレートで焼いたり煮たりして捨てた」と供述していることがわかった。調べによると、同容疑者は昨年5月下旬、自宅で母親の広子さん(当時57歳)と口論になった。口げんかの末、2階から自分を追い掛けてきた広子さんが階段から落ち、動けなくなったのを見て、「良い機会だと思い、庭にあった石で頭を殴り殺害した」という。凶器の石は捨てたと話している。

d0120774_2121597.jpg

同容疑者は、広子さんを殺害した翌日、遺体を自宅の風呂場に運び込むと、のこぎりや包丁を使って、バラバラに切断。一部をホットプレートで焼くなどした上で、生ごみと一緒に捨てたという。残りの頭蓋(ずがい)骨などは、バケツに入れてセメントで固め、庭に放置したとされる。大沢容疑者は「遺体の処分に困ったので切断した。調理器具で焼いたり煮たりしてから捨てた」と供述している。
母親の不在について尋ねる近隣住民に対して「母は重い病気で入院した」と話していた同容疑者。遺体から発生する異臭から事件が発覚するのを防ぐための残忍な証拠隠滅工作だったとみられる。

d0120774_2123543.jpg

調べに対し、大沢容疑者は「(母親から)仕事に就けとうるさく言われ、腹が立っていた」と動機について供述。同容疑者は広子さん殺害後も仕事に就かず、広子さんの貯金で生活し、韓国に旅行に行ったりして過ごしていたという。
細井正弘裁判長は「犯行の発覚を恐れて遺体の処分を企てた動機は悪質で、その態様は凄惨だが、罪の一部については自首の成立が認められる」などとして、懲役15年(求刑懲役20年)を言い渡した。
[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-10-05 21:02 | 法廷画紹介  

【石川】松田優被告・老人虐待死事件。(2006/9/28)

d0120774_20403884.jpg

■裁判の概要
石川県かほく市の介護施設「グループホームたかまつ」で2005年2月、入所者の女性にファンヒーターの熱風を当てて殺害したとして殺人罪に問われた同県津幡町、元同施設職員松田優被告(30)の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は被告側の上告を棄却する決定をした。
決定は29日付。松田被告に懲役10年を言い渡した2審・名古屋高裁金沢支部判決が確定する。1、2審判決などによると、松田被告は05年2月12日、入所者の高山喜美子さん(当時84歳)がヒーターを足で揺らして消してしまうことに腹を立て、部屋の隅に座り込んでいた高山さんの数十センチ前に、最高温度に設定したヒーターを置き、熱風を約30分間当て続け、顔や腹部にやけどを負わせて死亡させた。

d0120774_2040219.jpg

松田被告は「殺すつもりはなかった」と殺意を否定したが、1、2審はいずれも、「松田被告は『死んでも構わない』と考えて犯行に及んだ」と認定。1審は懲役12年、2審は「施設の指導管理体制の問題などが事件の背景にあり、被告だけに責任を厳しく問うことは出来ない」として、懲役10年を言い渡した。
[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-09-28 20:45 | 法廷画紹介  

【東京】畠山昭子被告・三歳児虐待死事件。(2006/9/7)

d0120774_1750276.jpg

■裁判の概要
東京都品川区で昨年1月、3歳の長男を自宅の浴槽に沈めて殺害したとして、殺人罪などに問われた母親の畠山昭子被告(32)の論告求刑公判が13日、 東京地裁(栃木力裁判長)で開かれ、検察側は「交際中の男性との障害になると考え殺害した、身勝手で悪質極まりない犯行」として懲役15年を求刑した。
畠山被告は捜査段階では容疑を認めたが、公判で否認に転じ「子どもが自分でおぼれた。自白は強制された」と主張している。
起訴状によると、畠山被告は昨年1月30日、自宅アパートの風呂場で、長男琉星ちゃんを浴槽内のお湯の中に沈めておぼれさせ、殺害した。
また02年8月には、東京都小金井市の当時の自宅で琉星ちゃんを布団に押さえ付け、 04年7月にも江東区のアパート5階の階段踊り場から琉星ちゃんを約12メートル下に投げ落とし、それぞれ殺害しようとした。
逮捕当時、畠山容疑者は、「交際相手の男性に『子供がいると幸せになれない』と言われ、殺そうと思った」などと供述していた。

d0120774_1756589.jpg

東京地裁(栃木力裁判長)は7日、「長男がいなければ同居男性と一緒にいられると思った、身勝手な犯行だ」と指摘し、懲役13年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。 判決によると、畠山被告は01年に不倫関係にあった男性との間に長男をもうけた。04年ごろからは別の男性と交際していたが、この男性に「3人で生活することはできない」「長男を受け入れられない」と言われるなどしたことから、05年1月、入浴させていた長男を両手で押さえつけて浴槽に沈め、殺害した。
畠山被告は、この前にも2度にわたって長男を殺そうとしたが未遂に終わっていた。
[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-09-07 23:59 | 法廷画紹介  

【東京】堀江貴文被告・ライブドア事件。(2006/9/4)

d0120774_17272093.jpg

■裁判の概要
ライブドア事件で、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載、偽計・風説の流布)の罪に問われた前社長・堀江貴文被告(33)の初公判が4日午前、東京地裁(小坂敏幸裁判長)で始まった。堀江被告は、罪状認否で「起訴状で朗読された種類の犯罪を犯したこともないし、指示をしたこともない」と述べ、起訴事実を全面否認し、無罪を主張した。検察側は冒頭陳述で、粉飾決算や虚偽情報の公表など一連の不正を堀江被告が主導していたことを改めて強調。これに対し、弁護側は「検察の主張は幻想に過ぎない」と反論した。

d0120774_17275515.jpg

堀江被告が公の場に姿を見せたのは、今年4月27日の保釈後、130日ぶり。堀江被告は罪状認否で起訴事実を否認した直後、「最初から悪意に満ちた捜査」と、捜査当局への怒りをにじませた。また、弁護人は、「(粉飾とされた)約37億円は売り上げ計上が認められており、架空売り上げを計上するよう指示したことも、虚偽の情報を公表したこともない」などと意見陳述した。
一方、検察側は冒頭陳述で、「ライブドアが表向き、売り上げや利益を驚異的に増加させ続けたのは、堀江被告が以前から粉飾決算や、マスメディアを使った話題作りを行ったため」と指摘。さらに、こうした手法で株価を引き上げたことで、「大株主の堀江被告自身も利益を享受した」とし、2005年には保有していたライブドア株4000万株を売却、約148億円を得たことを明らかにした。
また、堀江被告はライブドアの04年9月期連結決算で、連結経常利益の予想値を最終的に50億円にするよう指示。元取締役・宮内亮治被告(39)から「やばいと思うんですけど」と意見を言われても、「ケイツネ(経常利益)50(億円)の(方)がかっこいいじゃない」「どっかから利益を付ければ何とかなるでしょ」などと、強引に一連の不正を主導していたと、検察側は強調した。

d0120774_17282134.jpg

弁護側も冒頭陳述を行い、「検察官は何ら犯罪ではないものを、強引なストーリーを作ってあたかも重大な犯罪であるかのように主張しているに過ぎない」と非難し、「堀江被告には不正が行われているとの認識はなかった」と主張した。さらに、「ライブドアグループは堀江被告の独裁下にはなかった」とし、企業買収などは宮内被告が主導したと強調した。
[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-09-04 23:34 | 法廷画紹介  

【神奈川】岡本千鶴子被告・平塚5遺体発見事件。(2006/8/21)

d0120774_17155855.jpg

■事件の概要
神奈川県平塚市のアパート室内から子供3人を含む5遺体が見つかった事件で、娘の利加香さん当時19歳に対する殺人罪に問われた無職岡本千鶴子被告(55)の初公判が21日、横浜地裁(木口信之裁判長)で開かれた。同被告は「私は殺しておりません」と起訴事実を否認、弁護側は無罪を主張した。

d0120774_17153388.jpg

検察側は冒頭陳述で「被告は昨年9月ごろから、利加香さんが外出し、予備校や演劇のサークル活動に行くことを嫌うようになった。刃物を振り回したり、ひもを持ち出し外出や勉強を妨害するようになり、同年10月ごろには殺害を決意した」と指摘した。
犯行後は、利加香さんの交際相手に「精神的に参っており面会謝絶中」と電話し、犯行を隠ぺいしようとしたという。
検察側は「被告は捜査段階で嘱託殺人を主張していた。自殺なのか他殺なのか具体的に主張を」と弁護側に釈明を求めたが、弁護側は「現時点では申し上げることはない」と述べた。
冒頭陳述によると、同被告は昨年10月12日ごろ、アパート室内で利加香さんの首をひものようなもので絞め殺害した。

d0120774_17162024.jpg

これまでの調べで、ほかの4遺体のうち利加香さんの異母兄当時35歳は自殺と断定。横浜地検は子供の3遺体について死体遺棄容疑で調べたが、時効成立で岡本被告を不起訴処分とした。
検察側は冒頭陳述で、1984年に岡本被告が失跡を届け出た息子の利英ちゃん当時6歳の死因や、DNA鑑定で被告との親子関係が確認できた新生児2人については、触れなかった。
[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-08-21 23:16 | 法廷画紹介  

【広島】トレス・ヤギ被告・小1女児殺人事件。(2006/5/15)

d0120774_16221082.jpg

■事件の概要
広島市で昨年11月、下校中の市立矢野西小1年木下あいりさん(当時7)に性的暴行を加えて殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われたペルー国籍の無職ホセ・マヌエル・トレス・ヤギ被告(34)に対する初公判。

d0120774_16223410.jpg

検察側は論告求刑で、首を強く絞められたような跡が遺体にあることなどから殺意は確定的であり、「悪魔にとりつかれた」との被告の供述は「罪責軽減のための弁解」と指摘。性的快楽を得るため、夢と希望に満ちあふれた少女の命を抹殺した行為は「人間性のかけらも感じられない」と指弾した。さらに、子どもの安全を脅かす事件が頻発している現在の事態は「異常」と述べ、一般予防・社会防衛的な見地からも「従来の判例をあてはめず、厳罰をもって臨むべきだ」とした。

d0120774_16225041.jpg

これに対し、弁護側は最終弁論で、一連の行為は「悪魔の声」に抵抗できずに及んだもので被告の意思ではなかったと主張。善悪を判断できない状態にあったとして「殺人罪と強制わいせつ致死罪は成立しない」と主張した。検察側の死刑求刑について「これまでの量刑の基準からかけ離れている」と述べた。
[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-05-15 23:58 | 法廷画紹介  

【大阪】山地悠紀夫被告・姉妹殺害事件。(2006/5/1)

d0120774_16234416.jpg

■事件の概要
「仲間のマンションを出たが、その後の生活のめどが立たないことから自暴自棄になり、『守るものも失うものも、居場所もない。引き留める人もいないなら、やりたいことをやってやる』と考えた」
強盗殺人等被告事件の被告人、山地悠紀夫が捜査段階において供述した言葉である。大阪市浪速区のマンションで飲食店店員上原明日香さん(27)千妃路さん(19)姉妹が刺殺された事件で、浪速署捜査本部は19日、殺害現場のマンションに隣接する建物への建造物侵入容疑で逮捕されていた住所不定、無職山地悠紀夫容疑者(22)を強盗殺人容疑で再逮捕した。同容疑者は16歳時に母親を殺害しており「母親を殺したときの感覚が忘れられず、人の血を見たくなった」と供述。捜査本部は快楽殺人との見方を強めている。

d0120774_1624048.jpg

姉妹殺害について否認を続けていた山地容疑者が一転、異様な殺害動機を自供した。「母親を殺したときの感覚が忘れられず、人の血を見たくなった」「姉妹と面識はなく、金目的だった」などと供述。捜査本部は供述に基づき、マンションから約400メートル離れた浪速区内の神社の敷地内にある2階建て倉庫で凶器のナイフを発見、山地容疑者の犯行と断定した。快楽目的での殺害とみて、さらに動機を追及する。

調べでは山地容疑者は2004年11月17日午前2時半ごろ、マンション4階の自宅に帰宅した姉妹の胸や顔をナイフ(刃渡り12センチ)で刺して殺害。姉明日香さんの小銭入れや現金5000円などを奪った疑い。「1人が帰宅した際に玄関から一緒に入って殺害。直後に帰ってきたもう1人も殺した」と話している。また約1時間後にソファから出火。「証拠隠滅のため火をつけた」と供述しており、捜査本部は放火容疑でも立件する方針。

d0120774_16242298.jpg

山地容疑者は16歳だった00年7月、山口市の自宅で母親(当時50)と口論になり、金属バットで頭を殴り殺害し、同年9月に中等少年院に送致。約3年後の03年10月に仮退院した。その後、山口県内のパチンコ店に就職し、パチスロを誤作動させコインを盗む「ゴト師」の集団と知り合い、九州などを転々とした。事件前の11月11日からは姉妹と同じマンションの6階にあるゴト仲間が集まる部屋に身を寄せ、同月14日ごろ出て行き、凶器が発見された倉庫1階で寝泊まりしていたという。

 殺害事件発生数時間前の11月16日夜に、マンションと隣接する食品会社の壁にへばりついていたところをマンション住民に目撃され、今月5日に建造物侵入容疑で逮捕された。事件発生前に姉妹が目撃したという「眼鏡にリュックの男」や、マンション住民が目撃していた不審な男に酷似していると指摘されていた。
[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-05-01 23:40 | 法廷画紹介  

【京都】萩野裕被告・塾講師小6女児殺害事件。(2006/2/20)

d0120774_16252517.jpg

■事件の概要
京都市宇治市の学習塾で05年、小学6年の女児が塾講師によって殺害された事件で、殺人と銃刀法違反の罪に問われた元アルバイト塾講師の萩野裕被告(24)に対し、検察側は無期懲役を求刑した。地裁の精神鑑定で「(広汎性発達障害の)アスペルガー症候群で、当時は精神病様状態にあった」とされた荻野被告について、氷室眞裁判長は完全責任能力があったと認定する一方、「障害で物事に固執する傾向やストレスへの弱さなどの特性があり、精神病様状態もあった経緯の中での犯行」と情状酌量し、無期懲役の求刑に対し、懲役18年を言い渡した。

d0120774_16254645.jpg

[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2006-02-20 23:24 | 法廷画紹介  

【和歌山】旅田卓宗被告・汚職事件(2003年10月29日)

d0120774_16261853.jpg

■事件の概要
元和歌山市長の旅田卓宗被告が市長時代、同市が元料亭「石泉閣」を借り上げたのは違法な契約だったとして、市民4人が旅田被告を相手取り、賃借料などとして市が支出した約2億5400万円を返還するよう求めた訴訟。旅田被告は市長だった2000年9月、市が石泉閣を月額140万円で約20年間借りる契約を結び、03年3月に解除するまでに、改造工事費や賃借料など計約2億5400万円を支出したとされる。検察からは愛人関係にあった若女将(おかみ)の利益を図るため、不当に高額な賃料で契約を結ぶなど、市長の裁量権を乱用したと言われている。 旅田被告は、この支出などを巡り、収賄と背任の罪に問わているが、被告は一貫して無罪を主張した。
[PR]

# by yoshi_taka_e2 | 2003-10-29 23:05 | 法廷画紹介