<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

【東京】星島貴徳被告・江東区女性殺害(2009/1/26)

d0120774_1153574.jpg
■事件の概要
東京都江東区のマンション自室で昨年4月、2部屋隣に住んでいた会社員東城瑠理香さん(当時23歳)を殺害し、遺体を切断して捨てたとして、殺人や死体損壊などの罪に問われた元派遣社員・星島貴徳被告(34)の公判が26日、東京地裁であった。
d0120774_1162369.jpg
検察側は論告で、「被害者の人格、尊厳、生命を一顧だにしない犯行で、矯正の余地はない」と述べ、死刑を求刑した。弁護側は最終弁論で、「事件に計画性はなく、被告の反省も顕著。無期懲役が相当だ」と反論した。
d0120774_1164265.jpg
星島被告は、「一日も早く死刑にして下さい」と述べ、結審した。
論告では、星島被告が、自分の言うことを何でも聞く「性奴隷」にしようと東城さんを襲ったことについて、「被告に不都合なことを考えない人間に作り替えようとした。身勝手極まりない動機だ」と指摘。検察官は長いすに座る星島被告を見下ろしながら、「酌量の余地はあるでしょうか。いいえ、全くありません」と厳しい口調で指摘した。
d0120774_1171251.jpg
さらに、星島被告が遺体を切断してトイレに流すなどした点について、「被害者の存在を消すことで完全犯罪を計画した。鬼畜の所業だ」と非難。「人を人とも思わない悪質な犯行で、被告の生命をもって償わせるべきだ」と死刑を求めた。
d0120774_1165770.jpg
これに対し、弁護側は、「遺体を切断する行為がなければ、死刑求刑はなかったはず。死体損壊の法定刑は3年以下の懲役に過ぎず、被害者も1人にとどまる」と、死刑には当たらないと主張。「検察官の視覚に訴える立証活動が成功しているように思えるが、冷静に判断してほしい」と述べた。論告求刑の間、終始うつむいていた星島被告は、最終陳述で「一日も早く死刑にしてください」と、消え入りそうな声で述べた。傍聴席の遺族を向いて「申し訳ございません」と涙声で話し、深く一礼した。
d0120774_1175110.jpg
前回の公判では検察側が、マネキンを使った遺体切断時の再現画像や生々しい肉片の写真などを大型モニターに映し出し、詳細な犯行状況を被告に確認。一部の遺族が泣きながら退廷し、弁護人が「被告の人格を破壊する」と批判する場面もあったが、東京地検は「裁判員制度を念頭に、公判を見れば分かる方法をとった」と説明していた。
d0120774_1173221.jpg
起訴状によると、星島被告は昨年4月18日夜、東城さんをわいせつ目的で自室に連れ込み、包丁で刺して殺害。のこぎりなどで遺体を切断し、翌19日から5月1日にかけ、自室トイレやマンションのごみ置き場などに遺棄したとされる。
[PR]

by yoshi_taka_e2 | 2009-01-26 23:19 | 法廷画紹介