<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

【大阪】北村由美子被告・19歳長男虐待餓死事件(2006/10/12)

d0120774_21121940.jpg

■裁判の概要
大阪府阪南市の自宅で04年、同居の男と一緒に当時19歳だった無職の長男を虐待し餓死させたとして殺人罪に問われた母親の北村由美子被告(50)に対し、大阪地裁堺支部は12日、懲役12年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。
判決理由で細井正弘裁判長は「実の母親の行動としてはおよそ考え難いほどに無慈悲で非道な犯行」と指摘した。弁護側は「被告は同居の男に恐怖で支配され歯向かえなかった。殺意も長男が死ぬという認識もなかった」と主張していた。判決は「男の虐待癖を知りつつ同居させ、虐待に反対もしなかった。治療が必要と認識した後も暗黙のうちに共謀して放置し、死亡させた」と殺意と共謀の成立を認めた。

d0120774_21123443.jpg

判決によると、北村被告と同居していた無職中村智被告(44・分離公判中)が04年4月下旬から7月中旬にかけ、一緒に暮らしていた長男昇平さんに、しつけと称して殴るけるの暴行を繰り返し、数日に1度しか食事を与えず虐待。北村被告は衰弱した昇平さんがそのままでは死亡することを知りながら、虐待の発覚を恐れ、中村被告と共謀の上、放置して8月2日に餓死させた。
中村被告は昨年2月の初公判で「やってない」と起訴事実を否認。中村被告は、別の男性への保護責任者遺棄致死などの罪でも起訴されている。

d0120774_2113127.jpg

[PR]

by yoshi_taka_e2 | 2006-10-12 21:15 | 法廷画紹介  

【大阪】大沢八起被告・母親バラバラ殺人事件。(2006/10/5)

d0120774_2115991.jpg

■事件の概要
母親の遺体を切断し、セメントで固めて自宅の庭に捨てたとして逮捕された大阪府河内長野市の無職・大沢八起容疑者(37)が、府警捜査1課の調べに「階段から落ちて動けなくなった母の頭を、庭の石で殴って殺した」と殺害も自供、遺体を切断した上、「ホットプレートで焼いたり煮たりして捨てた」と供述していることがわかった。調べによると、同容疑者は昨年5月下旬、自宅で母親の広子さん(当時57歳)と口論になった。口げんかの末、2階から自分を追い掛けてきた広子さんが階段から落ち、動けなくなったのを見て、「良い機会だと思い、庭にあった石で頭を殴り殺害した」という。凶器の石は捨てたと話している。

d0120774_2121597.jpg

同容疑者は、広子さんを殺害した翌日、遺体を自宅の風呂場に運び込むと、のこぎりや包丁を使って、バラバラに切断。一部をホットプレートで焼くなどした上で、生ごみと一緒に捨てたという。残りの頭蓋(ずがい)骨などは、バケツに入れてセメントで固め、庭に放置したとされる。大沢容疑者は「遺体の処分に困ったので切断した。調理器具で焼いたり煮たりしてから捨てた」と供述している。
母親の不在について尋ねる近隣住民に対して「母は重い病気で入院した」と話していた同容疑者。遺体から発生する異臭から事件が発覚するのを防ぐための残忍な証拠隠滅工作だったとみられる。

d0120774_2123543.jpg

調べに対し、大沢容疑者は「(母親から)仕事に就けとうるさく言われ、腹が立っていた」と動機について供述。同容疑者は広子さん殺害後も仕事に就かず、広子さんの貯金で生活し、韓国に旅行に行ったりして過ごしていたという。
細井正弘裁判長は「犯行の発覚を恐れて遺体の処分を企てた動機は悪質で、その態様は凄惨だが、罪の一部については自首の成立が認められる」などとして、懲役15年(求刑懲役20年)を言い渡した。
[PR]

by yoshi_taka_e2 | 2006-10-05 21:02 | 法廷画紹介