<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

【神奈川】岡本千鶴子被告・平塚5遺体発見事件。(2006/8/21)

d0120774_17155855.jpg

■事件の概要
神奈川県平塚市のアパート室内から子供3人を含む5遺体が見つかった事件で、娘の利加香さん当時19歳に対する殺人罪に問われた無職岡本千鶴子被告(55)の初公判が21日、横浜地裁(木口信之裁判長)で開かれた。同被告は「私は殺しておりません」と起訴事実を否認、弁護側は無罪を主張した。

d0120774_17153388.jpg

検察側は冒頭陳述で「被告は昨年9月ごろから、利加香さんが外出し、予備校や演劇のサークル活動に行くことを嫌うようになった。刃物を振り回したり、ひもを持ち出し外出や勉強を妨害するようになり、同年10月ごろには殺害を決意した」と指摘した。
犯行後は、利加香さんの交際相手に「精神的に参っており面会謝絶中」と電話し、犯行を隠ぺいしようとしたという。
検察側は「被告は捜査段階で嘱託殺人を主張していた。自殺なのか他殺なのか具体的に主張を」と弁護側に釈明を求めたが、弁護側は「現時点では申し上げることはない」と述べた。
冒頭陳述によると、同被告は昨年10月12日ごろ、アパート室内で利加香さんの首をひものようなもので絞め殺害した。

d0120774_17162024.jpg

これまでの調べで、ほかの4遺体のうち利加香さんの異母兄当時35歳は自殺と断定。横浜地検は子供の3遺体について死体遺棄容疑で調べたが、時効成立で岡本被告を不起訴処分とした。
検察側は冒頭陳述で、1984年に岡本被告が失跡を届け出た息子の利英ちゃん当時6歳の死因や、DNA鑑定で被告との親子関係が確認できた新生児2人については、触れなかった。
[PR]

by yoshi_taka_e2 | 2006-08-21 23:16 | 法廷画紹介