【大阪】尾上力被告・女児強姦、放火殺人事件。(2007/2/19)

d0120774_1152403.jpg

■裁判の概要
大阪や東京など5都府県で女児に対する強姦や建物への連続放火を繰り返したとして、強姦致傷や現住建造物等放火などの罪に問われた無職尾上力被告(38)の判決が19日、大阪地裁であった。中川博之裁判長は「人の尊厳を踏みにじる態度には人間性の一片もない。放火の結果、5人の命が失われており死刑の選択の余地もあるが、多数の放火を自供したことは自首にあたる」と述べ、尾上被告に求刑通り無期懲役を言い渡した。

尾上被告は女児への連続強姦事件で04年9月に懲役20年を求刑された後、過去の事件について供述。検察側は昨年11月、「放火約200件、強姦約40件、強制わいせつ約200件を起こしたと供述しており、空前絶後の放火・強姦魔だ」として改めて求刑をやり直していた。

判決によると、尾上被告は98~03年、大阪、京都、兵庫、岡山、東京5都府県で、7~13歳の女児に対する強姦致傷・未遂計15件と、住宅や物置などへの放火13件を起こすなどした。放火事件では計5人が亡くなり、財産的被害は3億円近くに上った。

d0120774_11525868.jpg

判決は、尾上被告が強姦事件の被害児童宅に電話をかけてわいせつな言葉を告げるなどの嫌がらせをしたり、放火現場の消火活動を眺めて満足感を味わったりしていたと指摘。「被告にとっての強姦と放火は日常的な一種の気晴らしで、ゲーム感覚での連続的犯行だった。刑事責任は非常に重大で、死刑選択の余地もある」と述べた。

そのうえで量刑について検討。尾上被告が多数の放火事件を自発的に認めたことが自首にあたると認定し、「闇の中にあった事案の真相解明のきっかけを作った。被害者らに謝罪する言葉を述べており、多大の困難を伴うとしても更生の可能性がないとは言えない」と判断した。

d0120774_11532164.jpg

尾上被告は02年2月10日未明、墨田区京島3の空き家をライターで放火。隣接する小西さん宅など計3棟、延べ約345平方メートルを全焼させた。小西さんは全身やけどで死亡した。尾上被告が認めている放火事件のうち、01年9月25日、同区八広3の木造2階建てアパートが全焼した火事では、2階に住んでいた無職植田敏夫さん(当時60歳)が、逃げるために飛び降り死亡していた。

 調べに対し、尾上被告は「やじ馬が集まったり、消防隊員が必死に火を消したりしている様子を見て、満足感を得た」などと供述。放火を自供した理由について、「出所したら再び放火する欲望を抑えられない。死刑にしてもらいたかった」と話しているという。
[PR]

by yoshi_taka_e2 | 2007-02-19 23:57 | 法廷画紹介  

<< 【大阪】川口奈津代被告・中3餓... 【京都】西村和子被告・三歳児虐... >>