【石川】松田優被告・老人虐待死事件。(2006/9/28)

d0120774_20403884.jpg

■裁判の概要
石川県かほく市の介護施設「グループホームたかまつ」で2005年2月、入所者の女性にファンヒーターの熱風を当てて殺害したとして殺人罪に問われた同県津幡町、元同施設職員松田優被告(30)の上告審で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は被告側の上告を棄却する決定をした。
決定は29日付。松田被告に懲役10年を言い渡した2審・名古屋高裁金沢支部判決が確定する。1、2審判決などによると、松田被告は05年2月12日、入所者の高山喜美子さん(当時84歳)がヒーターを足で揺らして消してしまうことに腹を立て、部屋の隅に座り込んでいた高山さんの数十センチ前に、最高温度に設定したヒーターを置き、熱風を約30分間当て続け、顔や腹部にやけどを負わせて死亡させた。

d0120774_2040219.jpg

松田被告は「殺すつもりはなかった」と殺意を否定したが、1、2審はいずれも、「松田被告は『死んでも構わない』と考えて犯行に及んだ」と認定。1審は懲役12年、2審は「施設の指導管理体制の問題などが事件の背景にあり、被告だけに責任を厳しく問うことは出来ない」として、懲役10年を言い渡した。
[PR]

by yoshi_taka_e2 | 2006-09-28 20:45 | 法廷画紹介  

<< 【大阪】大沢八起被告・母親バラ... 【東京】畠山昭子被告・三歳児虐... >>