【神奈川】高田正雄被告・川崎市大家刺殺事件(2009/5/25)

d0120774_0514067.jpg
■事件の概要
川崎市で昨年六月、猫の餌やりをめぐるトラブルで、入居していたアパート大家の片野文也さん(当時76歳)を刺殺し、片野さんの長男の妻(43)をバールで殴って重傷を負わせたとして、殺人と傷害の罪に問われた無職高田正雄被告(70)の判決公判が5月25日、横浜地裁川崎支部であった。
d0120774_052517.jpg
加登屋健治裁判長は「被害者は問題行動が多い被告を気遣い、アパートに住まわせていた。恩をあだで返す行為に酌量の余地はない」として懲役22年(求刑懲役25年)を言い渡した。
d0120774_052205.jpg
公判で弁護側は、「被告は犯行時、統合失調症で心神喪失状態だった」として無罪を主張していた。判決などによると、高田被告は昨年六月五日、野良猫の餌やりを注意されたことなどに腹を立て、 サバイバルナイフなどで文也さんの首や背中を刺して殺害。駆けつけた片野さんの長男の妻もバールで殴り、顔に全治二カ月の重傷を負わせた。
d0120774_0525272.jpg
論告で検察側は、高田被告が酒を飲んで騒ぐなど近所迷惑となる行為を繰り返したほか、野良猫に餌付けしたことでアパート周辺でふんの被害が発生し、大家の片野さんらが清掃に追われるなど対応に苦慮していたと言及。その上で「片野さんが被告に相応の注意をせざるを得ないことは十分理解できる」と指摘した。
d0120774_053778.jpg
遺族の意見陳述では、片野さんの長男秀美さん(51)が「事件当日のことはこれから先、生涯忘れられない。誰からも穏やかでいい人と言われてきた父がなぜ殺されなければならなかったのか」と語り、極刑を求めていた。
d0120774_0532473.jpg

[PR]

by yoshi_taka_e2 | 2009-05-25 23:41  

<< 【東京】元露鵬&元白露山・解雇... 【報告】小倉智明のラジオサーキ... >>